施工に関する資料

安全上の注意

  • 作業時には、呼吸器や目、皮膚の保護の為状況に応じて保護マスク、保護メガネ、保護手袋を着用して下さい。
  • 目に入った場合には、多量の水で洗い流し、医師の診断を受けて下さい。
  • 誤って飲み込んだ場合には、ただちに医師の診断を受けて下さい。
  • 子供の手の届かないところに保管して下さい。
  • 作業後は手洗い、うがいをして下さい。

適応下地及び注意事項

石膏ボード 目地処理テープを使用し下地処理を行って下さい。
※下地処理を行わない場合仕上がりのムラ・クラックの原因になります。
石膏プラスター 十分に硬化・乾燥させて下さい。
中塗土 粘り気のない土壁へは施工できません。
モルタル 強度低下の著しい場合や表面が平滑でない場合は、再度全面補修後、十分に乾燥してから施工して下さい。
しっかりした古壁
※各下地共、全面シーラー処理及び下地処理を行って下さい。

石膏ボード下地への施工方法

使用方法

〈施工手順〉

1.塗面の清掃
施工する面の塵や埃を取除いて下さい。
2.養生
塗面以外へ材料が付着しない様、養生を行って下さい。
3.シーラー処理
ハケやローラーを使用して塗残しの無いように全面へ塗布して下さい。水性シーラーの使用をお勧めします。
4.下地処理
目地処理テープ貼付後、セリウォールパウダーを使用し下地処理して下さい。
5.上塗り
下地処理乾燥後上塗りし、水引き具合を見ながら仕上げ、模様付けして下さい。

〈練り方〉

1.容器に基準水量の約80%の水を入れる
2.セリウォールを入れよく練り合わせる
5分~10分練置き
3.固さ調整する
下地の状況により残り水を加えてよく練り上げる

〈注意〉

  • 色ムラを避ける為、必ず一壁面に必要な量を一度に練り合わせて下さい。
  • 塗り継ぎは目地部やコーナーで行って下さい。

標準仕様

用途 内装用仕上げ塗り壁材
主成分 天然鉱石セリサイト(絹雲母石)
正味質量 20kg
標準所要量 パウダー 1.1kg/㎡
ミディアム 2kg/㎡
サンド 3.3kg/㎡
標準加水量 パウダー 0.5ℓ/kg
ミディアム 0.3ℓ/kg
サンド 0.2ℓ/kg

施工上及び取扱い上の注意

  • 本品は内装用塗り壁材です。外装及び浴室などの常時湿気のある場所での使用は出来ません。
  • 湿式下地の場合は平滑に仕上げ十分乾燥させて下さい。
  • 乾式下地の場合は表面の塵・埃などを取り除いてから施工して下さい。
  • 強度の無い下地は剥離の原因となりますので施工できません。
  • 施工後は十分な換気を行い早期の乾燥をお願いします。
  • 直射日光のあたる場所、湿気の高い所、高温(40℃以上)低温(0℃以下)での保管は避けて下さい。
  • 天然素材の原料なので、ロットによる多少の色違いを生じることがあります。
  • 施工後0℃以下になる恐れがある場合には施工しないで下さい。